フィルム・紙ラッピングシステム

Buhrs4000


Buhrs4000Buhrs4000は安全性、柔軟性ばかりでなく、セットアップ時間の短縮やメンテナンスの簡便性を追及した革新的、高品質フィルム・紙ラッピングシステムです。

少数の同封物しかない厚物のプロダクトや、多点の同封物がある薄物プロダクトまで、どんなプロダクトにも高速対応でき、大量処理が可能です。

製本工場内の小規模発送処理業務や、前工程の装置と統合化された大規模発送処理事業所など、Buhrs4000は発送処理に関わるサービス業務の究極のメリットをお約束します。

【特長】

生産性

1.柔軟性

ますます多様化するジョブを扱い、最小限の時間でセット替えをこなす…これは機械の柔軟性にかかっています。ジョブに応じて機械の構成を素早くオプティマイズできれば、生産時間の短縮にもつながります。また、フィーダーやページオープナーの位置を自在に変え、封入作業の質さえ高めます。Buhrs4000は明日のお客様のニーズを満たす、競争力のある特長を今日のビジネスに生かします。

2.セットアップ時間の短縮

セットアップタイムはジョブの種類が増えれば増えるほど生産能力に影響を及ぼしてきます。自動調整部を増やし、メカニカルな調整部分を減らすことで、セットアップにかかる時間を短縮。よって、システム調整はツールレスで、セットアップ後の試運転の必要性がありません。また、フィーダーをオフラインでセットアップすることも可能です。

3.生産性アップ

システムの信頼性をあげることは機械の休止時間を減らすことにつながります。実際に機械を使用するオペレーターの立場に立った設計なので、とてもユーザーフレンドリー。機械の操作習熟までにさほど時間を必要としません。クイックリセット&クイックスタートでシステム停止後の復帰も簡単。難易度の高いプロダクトの処理をよりシンプルにします。また、総処理高に影響しないので、システム全体として処理数アップに貢献します。

Buhrs40004.メンテナンスの軽減

部品の少数化とサーボテクノロジーにより、メンテナンスにかかる時間を軽減、機械の休止時間を減らし、メンテナンスコストを最小限に抑えます。


5.安全性とエルゴノミクス

安全性とエルゴノミクスは今日ほぼ義務化しています。Buhrs4000は総処理数を落とすことなく、安全性とエルゴノミクスを遵守したシステムです。

【技術仕様】

Buhrs4000 技術仕様
メカニカルスピード: 最大 18,000 プロダクト/時
ラッピング材料: フィルム 15-80micron
紙 45-120grams/m2
プロダクトの寸法(長さ×幅): 最小 160mm×100mm
最大 420mm×300mm
プロダクト厚み: 最大 35mm
プロダクト厚み変化: フィルム 最大4mm (オプション最大20mm)
紙 最大 1mm

<< 戻る