フィルム・紙ラッピングシステム

Buhrs4700


Buhrs4700革命的新システムBuhrs4000シリーズの最新作のひとつ、Buhrs4700は丁合セクションを低くし、モバイルフィーダー、サーボドライブラッピングモジュール、そして新バースシステムコントローラーを搭載しました。Buhrs4700は宛名有り、もしくは宛名無しカタログや小冊子、その他の販売促進メールの分配業者様には特にお薦めの機種です。

Buhrs4700では2つの異なるジョブを行う際に機械を停止させる必要がありません。これは、(1)丁合いセクションのチェーンとフィーダーの自動同調機能(AFS)、(2)データベース(BSC)からの情報に基づいた機械による自動設定、(3)ラッピングセクションに入る直前にプロダクトの長さを測定し、ラッピングユニット自体が自動設定、溶断位置を自動調整する自動ラッピングセットアップ(AWS)機能により可能になりました。生産性を徹底的に追求した結果生まれたこれらの特長が運転中のセット換えを可能にしたのです。

地域ごとに分配する宛名有/無カタログや販売促進メールの丁合い及びラッピング作業の生産性もこれにより抜本的に改善されます。

もちろんプロダクトの余白を残さずピッタリとラッピングするBuhrsWrap®の併用も可能です。

【特長】

AFS

AWS

BSC

RF5

サーボドライブシールメカニズム

BuhrsWrap®

【技術仕様】

Buhrs 4700 技術仕様
メカニカルスピード: 最大 16,500 プロダクト/時
ラッピング材料 フィルム 15 - 80 micron
(PE, PP, その他の材料はご相談下さい)
プロダクトサイズ 最小 180 mm×200 mm / 7"×7 7/8"
最大 320 mm×370 mm / 12.6"×14.5"
プロダクト厚み 最大 35 mm / 1.4"
プロダクト厚み変化 フィルム 最大4mm

<< 戻る